ジモト発見ライターが駅周辺を街歩き ラビング散歩「国分寺駅」編

ラビング散歩 いつも活気のある国分寺駅周辺。商店や公園をめざし、老若男女が集まる。

イワタハルユキ国分寺(こくぶんじ)駅はJR中央線、西武国分寺線、西武多摩湖線の接続駅です。最初に開業したのは明治22年(1889)の甲武鉄道(現在の中央線)、次に明治27年(1894)の川越鉄道(現在の西武国分寺線)、そして昭和3年(1928)の多摩湖鉄道(現在の西武多摩湖線)が開業しました。現在は南口にセレオ国分寺、北口にミーツ国分寺というショッピングモールが営業し、隣接して商業文化施設ココブンジもあります。今回のラビング散歩は国分寺駅から南口、北口を歩いてみようと思います。

国分寺駅JR改札<国分寺駅JR改札> 
 

ラビング散歩 JRと西武鉄道の改札は別個にあり

国分寺駅ではJRと西武鉄道が別改札になっています。慣れない人は間違えやすいのでご注意を。また改札内にもJRと西武の乗り換え口があるため、そこを出口と間違えてしまう人もいるようです。国分寺駅での乗り降りに慣れていない人は気をつけましょう。

国分寺駅西武鉄道改札<国分寺駅西武鉄道改札> 改札内にあるJRと西武鉄道の乗り換え口<改札内にあるJRと西武鉄道の乗り換え口>
さらに西武線を利用する方のためにご説明します。改札から見える階段を降りると5番線で西武国分寺線。奥の右手にある7番線が西武多摩湖線です。6番線は現在使われていない模様。この調子で国分寺駅の乗り場は少々わかりにくいですが、慣れない人ほどあわてずに乗降しましょう。
階段は国分寺線、奥右手は多摩湖線<階段は国分寺線、奥右手は多摩湖線>
 

ラビング散歩 駅ビルで楽しくショッピング

国分寺駅のコンコースは明るく広々としています。JRみどりの窓口、国分寺市の案内所などもあるので何かと便利です。駅舎の南側は駅ビルのセレオ国分寺、北側は商業施設のミーツ国分寺、ミーツに隣接してココブンジという商業と文化の複合ビルがあります。エキナカを歩くだけでも時間が掛かるので、特にショッピング好きな人は時間的余裕を持って訪れるとよいでしょう。

国分寺駅コンコース<国分寺駅コンコース> ミーツ国分寺<ミーツ国分寺> JRみどりの窓口<JRみどりの窓口>
ジモト情報満載の国分寺市案内所<ジモト情報満載の国分寺市案内所> 国分寺駅南口ロータリー<国分寺駅南口ロータリー> 駅ビルのセレオ国分寺外観<駅ビルのセレオ国分寺外観>
 

ラビング散歩 南口を西へ東へ散策

国分寺駅南口のセレオ国分寺から外に出ると目前に駅前ロータリー。周囲にはにぎやかな商店街が見渡せます。駅前には警視庁小金井警察署国分寺駅南口交番があり、まちの治安を守ってくれています。そこから西へ向かって国分寺駅南口商店街を歩き、線路寄りに路地を入るとマンション、オフィスビル、専門学校などがあり、人々の暮らしが見える気がしました。

国分寺駅南口交番<国分寺駅南口交番> 国分寺駅南口商店街<国分寺駅南口商店街>

 風景はごくあたりまえの商店街という印象ですが、石臼引き手打ちそばのお店があるなど、見落とせないスポットがありました。路地を入るとマンションにオフィスがあるなど、落ち着いた街ながら静かな活気に満ちていました。新型コロナウイルス感染症の流行で、飲食店や中小企業は大きなダメージを受けましたが、国分寺の人々は淡々とそれを乗り越えつつあると感じました。

石臼引き手打ちそば店
<石臼引き手打ちそば店>
 恒例、コインパーキングの相場調査です。ここでは基本料金60分440円、最大料金24時間1,300円。駅から約5分と近いことを考えるとリーズナブルと言えるでしょう。あたりにはマンションオフィスが多く、商談や納品などに車の利用が多いのかもしれません。
コインパーキングの相場<コインパーキングの相場>
マンションの片隅に放課後等デイサービスの施設を見つけました。最近増えている発達障害の子どもたちへの支援も行っているそうです。保育所、幼稚園、学童保育も大事ですが、こうした障害児の支援ができる施設は貴重です。
発達障害の子どもも安心<発達障害の子どもも安心>
ビル街にひときわ目立つのが国際文化理容美容専門学校 国分寺校の校舎です。ここでは理容師、美容師をめざす若者が学んでいます。その先には東京しごとセンター多摩という都の施設があり、ここには労働関連の事務所が入っています。
理美容の専門学校<理美容の専門学校> 東京都の施設<東京都の施設>
 

ラビング散歩 多彩な商店やクリニックが並ぶエリア

ここらで国分寺駅南口商店街を折り返して駅方面に戻ります。国分寺駅南口のロータリーをはさんで正面には少し見えにくいですがスーパーマーケットのマルエツがあり、そこから南へ向かう道路には個人商店が並んでいます。この歩道は車道と植栽で区切られ、落ち着いて歩けます。クリニックや歯科や薬局もあれば、画材店、自転車店、書店もあり、なかには国分寺市東部地区拠点「親子ひろばBOUKENたまご」という施設もありました。何かごった煮のようなラインナップですが、それがとても楽しく、ウインドウショッピングが楽しめました。

歩車分離のショッピングロード<歩車分離のショッピングロード>
 突き当りまで歩いて、路線バスに注意しながら道路の反対側へ。またも駅方面へ戻ります。そこでは歯科、消化器科、薬局、ケータイショップなどとともに、おしゃれな珈琲焙煎店が営業していました。
コーヒーロースター<コーヒーロースター>
 

ラビング散歩 殿ヶ谷戸庭園から国分寺通りをひとまわり

国分寺駅南口から西と南を歩いたので、次は東に足を延ばしてみることにしました。まずセレオ国分寺に隣接してホテルメッツがあります。このホテルはJR東日本の関連会社が運営するホテルでサービスには定評があります。

ホテルメッツ入口<ホテルメッツ入口>
 【路線バス】

国分寺駅南口からは次の路線バスが運行しています。府中駅行きのバスはJR中央線と京王線を結ぶ貴重な路線。朝夕は児童生徒も通学に利用します。

のりば(1)
小平団地行き
府中駅行き(東八道路経由)
羽田空港行き

のりば(2)
小平団地行き
府中駅行き(明星学苑経由/新町文化センター経由)
羽田空港行き
明星学苑行き

のりば(3)
総合医療センター行き(府中メディカルプラザ)
府中営業所行き
ぶんバス(東元町循環)

路線バスの停留所<路線バスの停留所>
バスのりば(1)の道路反対側に緑地が見えます。そこが殿ヶ谷戸庭園です。入園料は一般150円、65歳以上70円(小学生以下および都内在住・在学の中学生は無料)。休園日は年末年始だけなので、いつでも気軽に訪れることができます。この庭園は大正初期に造成され、昭和4年(1929)に三菱財閥岩崎家の別邸となり、昭和9年(1934)に回遊式林泉庭園として完成しました。時を経て昭和49年(1974)に東京都が買収し、都立庭園となりました。広大な園内では緑と湧水が見られ、園内の次郎弁天の池は野川の水源のひとつになっています。
殿ヶ谷戸庭園の門<殿ヶ谷戸庭園の門>
歴史と伝統を感じさせる殿ヶ谷戸庭園ですが、国分寺といえばかつてサブカルチャーの土地柄でもありました。近くに蔦の絡まる古めかしいカフェがあり、ほんやら洞と看板が出ています。ここは知る人ぞ知るミュージシャン中山ラビさんのお店。喫茶店と呼ぶべきかカフェ&バーと呼ぶべきか悩むところですが、カレーも人気メニューだとか。ほんやら洞だけでなく国分寺にはぬくもりを感じる喫茶店文化も確かに息づいています。
蔦の絡まるほんやら洞
<蔦の絡まるほんやら洞>

ほんやら洞を過ぎて東へ向かうと学生風の若者が目立つようになります。南町2丁目の交差点を越えて行く若者はほとんどが東京経済大学の学生。学生街は何年経っても同じ雰囲気を醸し出しています。ジモト発見ライターはこの交差点を右に曲がって、国分寺通りを南へ向かうことにしました。昔はこの界隈、骨董屋、古道具屋、趣味雑貨店などが多かったので骨董通りとかアンティーク通りとか呼ばれていました。今も名残はあるものの、普通の住宅街になりつつあります。

ハーブガーデンの専門家<ハーブガーデンの専門家>
現在、国分寺で最も注目されているエコの拠点はカフェスローではないでしょうか。スローライフという生活様式が日常的なものになった今、このお店の存在感は確実に高まっていると思います。コーヒーをはじめとするオーガニックやフェアトレードの商品、それに似合う焼菓子、和の品では梅干しやふりかけなどいろいろな品が手に入ります。好きなものを買って帰るもよし、カフェでゆったり過ごすのもよし、国分寺に来たら必ず寄りたいスポットです。
カフェスロー<カフェスロー>

カフェスローの前にある信号を渡り、急な坂道を上って国分寺駅方面に戻ります。坂の途中には医療機関が集合したビル、国分寺南医療ビルがありました。きょうはヒット・アンド・アウェイのような動きで、なぜか駅と周辺を往復していますが、国分寺というのはそういう道路の形状なのかもしれません。

医療機関を集めたビル
<医療機関を集めたビル>
 

ラビング散歩 国分寺駅北口を歩く

そして国分寺駅に到着。セレオから入って、ミーツを抜け、今度は北口に出てみます。駅前再開発が完了して北口広場は美しく整備されました。路線バスの停留所は整然とし、福祉車両優先スペースも用意されています。またところどころに樹木が植えられ、木陰にはベンチも配置されています。駅前広場としては南口を追い越した感があります。

ミーツ2階から北口を眺望<ミーツ2階から北口を眺望> 樹木が気持ちよく風にそよぐ<樹木が気持ちよく風にそよぐ> 福祉車両が優先的に乗降できるスペース<福祉車両が優先的に乗降できるスペース>
 

ラビング散歩 北口からも便利な路線バスが発着

南口の路線バスは主に府中駅(京王線)への接続でしたが、北口からの路線バスは地域をカバーして小平駅や花小金井駅(西武新宿線)に接続します。行先は次の通りです。

のりば(1
小平団地行き
総合医療センター行き

のりば(2)
小平駅南口
銀河鉄道 本多ルート
ぶんバス 本多ルート

 のりば(3)
昭和病院行き
昭和病院前行き
花小金井駅南口
回田循環(朝回り)
回田循環(夕回り)
大沼団地(花小金井駅北口経由)
大沼団地(天神グランド前経由)

 のりば(4)
武蔵野美術大学行き
小平営業所行き

バスで昭和病院に通う人も多い<バスで昭和病院に通う人も多い> コミュニティバスのぶんバスも循環<コミュニティバスのぶんバスも循環>

北口広場のはずれには新設された警視庁小金井警察署国分寺駅北口交番があります。駅の両側に交番が置かれることで市民には更なる安心感が生まれます。

国分寺駅北口交番<国分寺駅北口交番>
 北口ロータリーで路線バスが発着するのはお知らせした通りですが、実は国分寺駅北口にはもうひとつ国分寺駅北入口という路線バス停留所があります。この路線は主に西武多摩湖線の線路に沿って走るルートで、行先は次の通りです。

国分寺駅北入口のりば
小平駅南口(学園東町経由)
小平駅南口(松ヶ丘住宅入口経由)
ルネサス武蔵
新小平駅循環

北入口のりばの前には小さな踏切があり、国分寺駅から発車した電車を間近に見ることができます。このバス停と踏切の情景は昭和のはじめから変わらないそうです。
国分寺駅北入口停留所<国分寺駅北入口停留所> 国分寺駅を発車した西武多摩湖線の電車<国分寺駅を発車した西武多摩湖線の電車>
余談ですが、踏切の先の突き当りに「だんごの輪島」が元気に営業中です。このお店の創業者はボクシングの輪島功一さん(1943年・北海道生まれ)。世界スーパーウェルター級チャンピオンを3度にわたり獲得した「炎の男」です。現役引退してからはこのだんご屋やボクシングジムを経営し、着実な人生を送られています。その姿勢、だんごを食べて見習いたいと思います。
客が途切れずに訪れる
<客が途切れずに訪れる>
 

ラビング散歩 国分寺駅周辺まとめ

国分寺駅はJR中央線、西武国分寺線、西武多摩湖線の接続駅です。バス路線で府中(京王線)や小平(西武新宿線)に接続することができます。国分寺駅は南口にセレオ国分寺、北口にミーツ国分寺という商業施設があり、駅ビルのなかでショッピングが楽しめます。外に出ると南口は商店街とオフィス街。かつてのサブカルチャーのイメージは薄れつつありますが、カフェスローのような個性的なお店が元気です。駅前の殿ヶ谷戸庭園に豊かな自然が残っているのが、まちの魅力だと感じます。そして雰囲気がいつも若々しいのは東京経済大学の学生が多いおかげでしょう。一方の北口は駅前広場が広々と整備され、周辺には飲食店が多く、日常の買い物にはスーパーマーケット西友などが役割を果たしています。北口は駅を少し離れると落ち着いた郊外の住宅地に姿を変えてゆきます。ということで、国分寺駅周辺で印象的だったのは、やはり何でも揃う駅ビルのセレオとミーツの華やかな存在感でした。

 

取材・文・写真 イワタハルユキ


A:国分寺駅ビル(丸井・セレオ) B:東京しごとセンター多摩 C:殿ヶ谷戸庭園 
D:ほんやら洞 E:カフェスロー F:国分寺南医療ビル 
G:国分寺駅北口交番 H:だんごの輪島

トピックス|すべての記事

ページトップへ