ジモト発見ライターが駅周辺を街歩き ラビング散歩「川越駅」編

ラビング散歩 歴史と伝統だけでは終わらない!新しいまちづくりに挑戦する川越の魅力

東武東上線とJR川越線・八高線の川越駅は、地域を代表する駅です。東武東上線川越駅は急行等すべての電車が停車し、JR川越線は大宮で埼京線に連絡するなど、通勤、通学、外出に便利な路線として知られています。

かつて川越観光といえば本川越駅や川越市駅が有名でしたが、川越駅も平成元年(1989)3月に橋上駅舎が完成した頃から着実に整備が進み、現在は市内外から観光客や買物客が集まるにぎやかな駅になっています。令和2年(2020)春には西口再開発で複合施設U_PLACEやウェスタ川越、ウニクス川越が開業。新型コロナウイルス感染症の影響もあり、テナントは段階的なオープンとなりましたが、徐々に川越の新しい顔が見えはじめています。

今回は歴史、伝統、神社仏閣という川越のイメージから離れ、飛躍する川越駅周辺を散策してみようと思います。

東武東上線の改札口<東武東上線の改札口> 

JR川越線・八高線の改札口<JR川越線・八高線の改札口>

 

ラビング散歩 生まれ変わった川越駅西口

以前の川越駅西口は古い住宅や個人商店が散在し、駅前を少し離れると空地が広がるという状態でした。
ところが現在は市有地を中心とした再開発が進み、複合施設U_PLACE、ウェスタ川越、ウニクス川越がオープン。都市機能を備えた新しいランドマークが誕生しました。U_PLACEは駅の改札階からペデストリアンデッキでストレートに結ばれています。

ぺデストリアンデッキから見た西口ロータリー<ぺデストリアンデッキから見た西口ロータリー>

 

ラビング散歩 U_PLACE

U_PLACEは令和2年(2020)6月8日から多種多彩なテナントが順次オープンしている11階建ての複合施設です。キーテナントは7階から11階の川越東武ホテル。オリンピック・パラリンピック東京大会の宿泊も期待される便利で快適なホテルです。
他には行政スペースとして市民サービスステーション(各種証明書発行、印鑑登録、税金納付などが可能)、福祉関係の窓口や市民交流の場、市民のための多目的スペース、相談室、会議室、川越年金事務所などがあります。民間スペースでは埼玉りそな銀行、クリニックモール、スポーツクラブ、そしてファーストフード、カフェ、レストラン、各種ショップなどが揃っています。
新しい施設は歩いていて気持ちよく、また充実した市民サービスの様子をみていると、川越市民の利便性が高まったことを実感します。

U_PLACE全景<U_PLACE全景> 駅から直結で便利<駅から直結で便利>

木のぬくもりが感じられるデッキ<木のぬくもりが感じられるデッキ>

 

ラビング散歩 WESTA川越とUNICUS川越

U_PLACEを出て、川越駅を背にして歩道を進むと、すぐにウェスタ川越とウニクス川越が見えてきます。WESTAは、ここから市民活動や賑わいがはじまるという意味で、西(WEST)とスタート(START)を組み合わせて命名されたとのことです。

川越の新しいランドマーク<川越の新しいランドマーク>

公共施設とは思えない斬新なデザイン<公共施設とは思えない斬新なデザイン>

最初に公共施設のエリアに入ってみると、大ホール、小ホール、多目的ホールがあり、ロビーにはいろいろな情報が掲示されていました。奥の方には手づくりパン屋さんも。他には市民活動・生涯学習施設などがあり、館内は真面目で静かな雰囲気。大ホールでコンサートやイベントがあるときはにぎわうと思いますが、いまは三密を避けて新型コロナウイルスの感染を防ぐため、静かに過ごすことになります。

WESTA館内は明るく広い<WESTA館内は明るく広い>

ウェスタ川越のなかの民間にぎわい施設がウニクス川越となります。メインテナントのYAOKO MARKET PLACEを中心に、多くのテナントが目を引きます。日常的な買物の食品や日用品から家電まで充実した品揃えで、住民には便利なショッピングモールです。
他にもウニクスには電器店、書店、薬局、コンビニエンスストア、百均、カフェ、レストラン、ファーストフード、音楽教室、英語教室、パソコン教室、美容室など多種多彩なショップがあります。また郵便局や保育園もあって便利です。

ウニクスは便利な商業施設<ウニクスは便利な商業施設>

 

ラビング散歩 【医療機関が充実のエリア】

ウェスタ川越を出て前の信号を渡り、大通りと並行する道を歩いて駅方面に戻ってみました。このあたりはなぜかクリニックが多く、いろいろな診療科目の医院があります。特に埼玉医大かわごえクリニックは、クリニックという名称ながら規模の大きな医療機関です。また、駅西口から本川越方面に伸びる道には赤心堂病院があります。このエリアは医療機関が充実していて、住民にとっていざというとき安心できる地域です。

<西口エリアはクリニックが豊富 1> <西口エリアはクリニックが豊富 2> <西口エリアはクリニックが豊富 3>

埼玉医科大学かわごえクリニック<埼玉医科大学かわごえクリニック>

赤心堂病院
<赤心堂病院>

 

ラビング散歩 西口バスのりば

西口ロータリーに着いてふと見ると、バス乗り場が6か所もあります。行きはペデストリアンデッキを歩いてしまったため、ロータリーのバスに気づかなかったようです。ここからのバスの行き先はおおむね次のようになっています。

①川越シャトル(霞ヶ関駅/西川越駅/南大塚駅)
②イーグルバス(小江戸巡回喜多院・蔵の街)
③西武バス(新所沢駅/所沢営業所/かすみ野)
④西武バス(南大塚駅/新狭山駅/川越水上公園季節運航)
⑤西武バス(今福中台/川越営業所)
⑥西武バス/三井アウトレットパーク(季節運行)

小江戸巡回バス<小江戸巡回バス> 西武バス<西武バス>

 

ラビング散歩 川越を訪れる人はカフェがお好き?

西口ロータリーでバスの行き先を調べながら周囲を見まわすと、ロータリー沿いにドトールコーヒーと珈琲館が見えました。そして駅舎に入ろうとすると倉式珈琲店、階段を上るとスターバックスコーヒーと星乃珈琲があります。
この調子で川越駅ではカフェをはじめとした飲食店がたくさんありました。それは多くの人がこの駅を訪れ、ひと息入れていくことの証明でもあります。川越駅はコーヒーの香りが似合う駅。そんな発見がありました。

西口1階の倉式珈琲店<西口1階の倉式珈琲店> 西口2階のスターバックスコーヒー<西口2階のスターバックスコーヒー>

 

ラビング散歩 東口バスのりば

次は川越駅東口に移動してみましょう。東口には東武バスのターミナルがあります。埼玉県民なら身近な存在の埼玉医大総合医療センター(川越市)や運転免許センター(鴻巣市)へ行くバスもここから利用できます。西口同様、行き先を簡単に記載しておきます。

①東武バス(新明町車庫)
②東武バス(八幡団地/東松山駅)
③東武バス(小江戸名所めぐり/札ノ辻)
④東武バス(鴻巣免許センター/鴻巣駅/新荒子/新明町車庫
⑤東武バス(桶川駅/山ケ谷戸)
⑥東武バス(パイオニア前/坂戸車庫/若葉駅)
⑦東武バス(埼玉医大総合医療センター/川越運動公園/上尾駅・橘神社前)
⑧東武バス(川越グリーンパーク/本川越駅)

 

ラビング散歩 東口周辺はにぎやかな繁華街

川越駅東口を出るとクレアモールという商店街の入口があります。そこを進めば本川越駅や蔵の街方面に行くことができます。このクレアモールはいつも繁華街としてにぎわい、いろいろなお店が元気に営業しています。
今回はウインドウショッピングをしながらまるひろ百貨店の手前にあるクレアパークまで歩いてみました。ここは誰でも休憩できる小さな公園ですが、ときおりイベントなどにも使われます。この日はちょうどライブとマルシェが開かれていました。

川越駅東口のクレアモール入口<川越駅東口のクレアモール入口> いつもにぎわうクレアモール<いつもにぎわうクレアモール>
行列のできる店も多い(写真はベーカリー)<行列のできる店も多い(写真はベーカリー)> 憩いの場クレアパーク<憩いの場クレアパーク>

 

ラビング散歩 川越八幡宮

クレアパークに面した小道を折れると八幡通りに出ます。そこから駅方面にすこし戻ると、川越八幡宮があります。ここは川越駅からもっとも近い神社と思われます。規模の大きな神社ではありませんが、静かで落ち着いたたたずまい。創建から約1000年という由緒ある神社で、境内には縁結びの「夫婦イチョウ」があります。また結婚式場も併設しています。

川越八幡宮正面<川越八幡宮正面> 参道<参道>

 

ラビング散歩 八幡通りからクラッセ川越へ

神社をあとにして八幡通りを歩くと、カフェバー、レストラン、ブティック、美容院、焼鳥屋、家具店、パン屋などがあり、ちょっと面白いストリートでした。クレアモールの密集が苦手な人は、この八幡通りを利用するとよいかもしれません。

みそだれ焼鳥が人気のお店<みそだれ焼鳥が人気のお店> みどりに包まれた美容院<みどりに包まれた美容院>

そのまま突き当たると、そこには市の複合施設クラッセ川越があります。クラッセには川越駅東口図書館、多目的ホール、児童館、老人憩いの家、国際交流センター等があり、市民が気軽に立ち寄れるスポットになっています。川越駅東口まで徒歩5分、今回の散歩はここまでにします。

市民交流の場「クラッセ川越」
<市民交流の場「クラッセ川越」>

 

ラビング散歩 川越駅周辺まとめ

川越駅にはatre MARUHIROとEQUIRという2つのショッピングセンターがあり、それぞれにフード、ファッション、雑貨などのテナントが入居、カフェやレストランも充実しています。atreというとJRのイメージがありますが、川越駅のatreは丸広百貨店の運営です。このatreやEQIREで通勤や外出のついでにショッピングができることは川越駅の大きな利点です。

また本文中では触れませんでしたが、川越はクルマの利用も便利です。国道16号線や国道254号線(川越街道)が走り、近くには関越道川越インターがあり、お隣りの鶴ヶ島からは圏央道も利用できます。川越市内は観光地のため週末の渋滞がありますが、基本的にカーライフに適した立地といえます。

本川越駅や川越市駅の周辺が歴史と伝統のまちとして観光地になっている反面、これまで川越駅周辺は盛り上がりに欠けていました。しかし、駅ビル改修や西口再開発で大きな変化が見えてきました。特にU_PLACE、ウェスタ、ウニクスは川越の新しいランドマークになることでしょう。地元住民にとっては便利で快適な生活の場、観光客は新しいまちを満喫できると思います。今後の川越駅周辺に注目したいと思います。

 

取材・文・写真/イワタハルユキ
※この記事の内容は令和2(2020)年8月9日現在のものです

 


A:川越駅西口 B:U_PLACE C:WESTA川越とUNICUS川越 
D:埼玉医科大学かわごえクリニック E:赤心堂病院 F:クレアモール入口 
G:クレアパーク H:川越八幡宮 I:クラッセ川越 J:川越駅東口

 


友だち登録でお得な情報をGET!
山口企画設計のLINE@です。

友だち追加


 

■地域情報|ジモト発見ライターが駅周辺を街歩き『ラビング散歩』

ページトップへ