ページトップへ

すべての記事

注文住宅と建売住宅について

注文住宅と建売住宅について何が違うの?

一戸建てはその購入形態の違いにより、大きく「注文住宅」と「建売住宅」の二つに分けられます。注文や建売という言葉からなんとなく漠然としたイメージはつかめるものの、実際にこの二つはどのように違うのでしょう。

 

どこが違う? 注文住宅と建売住宅

土地と建物をセットで販売する新築分譲住宅のことを建売住宅と言います。新築分譲とも言ったりします。
注文住宅は、自分の希望をいかしてプランニングし、施工会社と請負契約をかわして、建築する新築住宅のことを言います。間取りだけでなく、使用する設備や材料なども自分の好みやライフスタイルに合ったものを採用することができます。

 

費用面での両者の違いは?

注文住宅で土地探しから始める場合は、土地の購入と注文住宅の建築という2つの契約が必要です。仲介手数料や設計費、地盤調査費、地盤改良費等の費用が嵩む場合があります。ただ、設計士や施工会社との打合せで、予算を抑えることが可能です。
一方、建売住宅は購入金額が明確です。土地、建物の他に、設計費や地盤調査費、地盤改良費が購入金額に含まれており、諸経費や税金などの予算が出しやすく資金計画が立てやすいのが特長です。

 

イメージに合った家ができるかどうか

建売住宅は、間取りや設備・仕様もあらかじめ決まっているので、仕上がりのイメージがつきやすく分かりやすいのが特長です。建物が完成していれば建物を内覧をして、新しい生活を具体的にイメージすることが可能です。

注文住宅の場合は、何もないところから作り上げていくので、最初にイメージした建物から少し形を変える場合があります。それは予算であったり、購入した土地の形状であったりと様々な理由があると思いますが、設計士や施工会社との打合せで変化する完成イメージを共有することが大切です。

 

注文住宅は労力がかかり、建売住宅はスピーディー

自由度が高いのが注文住宅のメリットですが、そのかわり事前の打合せに時間がかかります。思い描いた住まいを建てるのですから、時間がかかるのは当然のことです。土地探しから始める方は、土地選定・契約・住宅ローンの申し込み等少々手間のかかる作業が発生しますが、自分のイメージに限りなく近いものが出来上がったときの満足度はとても高いと言えるでしょう。

建売住宅の場合、注文住宅ほどの打合せは必要ありません。完成した物件であればそのまま購入可能となりますので、気に入った建物が見つかれば、スピーディーに新しい暮らしがスタートできます。

 

土地+建物の分譲のフリープランという選択も

注文住宅、建売住宅にはそれぞれメリットがあります。 予算やデザイン、間取りなどご自身やご家族がどの部分にこだわっているのか、これから何を重要視するのかを考え、注文住宅にするか建売住宅にするか決めることをお勧めします。
また、ラビングタウンシリーズでは土地+建物の分譲住宅でもフリープランで建築が可能な物件もあります。タイミングによっては、ある程度の仕様等の縛りはありますが、間取りなどプラン変更にも対応できる場合もあります。気になった方はお気軽にご相談ください。

 

物件土地情報はこちら

すべての記事