ページトップへ

すべての記事

株式会社森田商店 モーリーマーケット

創業80年余の老舗漬物工場が、多彩なお店を集めて月1回の楽しいマーケットを開催!

所沢で「気になるお店」を発見しようと、いつものように市内を歩いていると、ある人から
「下安松の住宅街に漬物工場があってマーケットも開催しているらしいよ」
という情報を入手しました。ネットで調べてみると株式会社森田商店とモーリーマーケットと判明。早速、取材にお伺いしました。

森田商店で開催されるモーリーマーケットを楽しむ人々<森田商店で開催されるモーリーマーケットを楽しむ人々>

創業80年余の歴史を持つ漬物工場

森田商店は昭和11年創業の漬物工場。創業者は所沢で村会議員も務めた森田保治氏という人物だそうです。現在はその血縁にあたる三代目の森田治夫さんと妻の益代さんが会社を切り盛りしています。
所沢は漬物産業が盛んで、名の知れた漬物会社がいくつかあります。森田商店の近くにも大手漬物会社の施設がありますが、実はその会社も創業者の保治さんが誘致してきたとのこと。所沢で漬物を立派な地場産業に育てたのは森田商店だったと言っても過言ではないようです。

さて、かつては食卓によく登場した漬物ですが、食生活の変化もあり、漬物産業は厳しい環境に追い込まれます。所沢の漬物工場もスーパーなどの量販店に商品を卸すようになり、いつしか薄利多売に追われて疲弊してしまいます。そんな中で森田商店はいち早く量販店に卸すのを止め、お客様に対面で売る方針を決断したのでした。

<漬物はいずれも一般のお客様が買いやすく食べやすいようにパックされている><漬物はいずれも一般のお客様が買いやすく食べやすいようにパックされている>

現在は工場直売(毎週金曜14:00~16:00)のほか、とことこ市(所沢市役所別館前広場)、曳舟やっちゃば(東武鉄道曳舟駅前広場)など各地のイベントに出店し、また工場敷地内で月1回モーリーマーケットを開催するなど積極的に事業に取り組んでいます。

「お店でじっと待っているのが苦手で、売りに行くのが好き!」

と言う治夫さん。その販売スケジュールはFacebookで知ることができます。

森田商店の漬物づくり、3つのこだわり。

今回、工場で取材させていただき、森田商店の漬物には3つのこだわりが込められていることに気がつきました。それは次のようなものです。

(1)健康志向 無農薬、低農薬を中心に地場産または国産の野菜を仕入れ、塩などの副材料も厳選している。
(2)地産地消 顔が見える地元農家から野菜を仕入れ、自家製造の漬物を地域のお客様に食べてもらう。
(3)直売主義 お客様と対面して直売することで感想や意見を聞くなどコミュニケーションを図る。治夫さんは言います。

「所沢にはくまさん共和国(小熊農園)のような、まじめに農業に取り組んでいる農家がいくつもあります。そうした農家の野菜で漬物をつくり、地産地消でお客様にお届けしたいと思っています。また私どもでは食品ロスがほとんど出ないのも、製造直売している強みだと思います。工場では人がいて商品があればいつでもお買い求めいただけますので、お気軽に声をかけてください」


工場直売や出張販売で手に入る 森田商店のおすすめ商品

<白菜本漬>●白菜漬
地元で収穫された白菜を使用。所沢周辺で収穫がない時は市場で厳選して仕入れた国産白菜を使用しています。森田商店の白菜本漬は塩がしっかり効いて、これだけでごはんのおかずになる存在感。食べたときの歯応えもシャキシャキです。

<モーリーのにんたまドレッシング>●にんたまドレッシング
国産のにんじんと玉ねぎを使った自家製ドレッシング。にんじんの自然な甘みと玉ねぎのうまみが溶けあって抜群の味わいです。キャノーラ油を使うことでコレステロールゼロという健康志向のドレッシングになりました。サラダはもちろんのこと、いろいろな料理に合います。

<洋梨のタルト>●自家製ケーキ各種
森田商店では「お菓子のモーリー工房」と銘打って、自家製のパイやタルトなども製造販売しています。北海道よつ葉バターを使用し、余計なものは使わない手づくりのケーキです。アップルパイ、季節のタルト、シフォンケーキなどがあります。※画像は洋梨タルト 

月1回開催のモーリーマーケットは目を見張る盛り上がり!

森田商店は漬物やお菓子を製造販売しているだけではありません。会社の敷地で毎月1回開催するモーリーマーケットというイベントが注目を浴びています。その日は森田商店の工場直売の漬物やお菓子をはじめ、地域でがんばる専門店が集結して商品を販売します。

出店するお店はその時によって変わりますが、パン、惣菜、和菓子、雑貨、バッグ、園芸、マッサージなど多種多彩な顔ぶれが集結。この日ばかりは森田商店の広い敷地がせまく感じられるほどです。地域の活性化はこういうところから始まるのだなと実感します。ブースを見てまわるだけでも楽しくなるので、気軽に訪れてみてはいかがでしょうか。

<子どもから大人まで楽しめるモーリーマーケット><子どもから大人まで楽しめるモーリーマーケット>

<おなかへった! キッチンカーも大好評><おなかへった! キッチンカーも大好評>

恒例ですが、取材の締めくくりに今後の抱負をお聞きしてみました。

「こうして商売して、いろいろな人と知り合って、これからも楽しくやりたい、抱負はただそれだけです。日々感謝です」

と治夫さん。工場や出店先で森田夫妻に出会えた時はぜひ声を掛けてみてください。漬物のこと、食のこと、いろいろ話してくれるはず。明るく楽しい森田商店とモーリーマーケットに元気をもらえると確信しています。

お店のデータ

名称:株式会社 森田商店
所在地:〒359-0024 埼玉県所沢市下安松662
TEL:04-2944-9890/FAX:04-2944-2695
駐車場:あり
営業時間:
工場直売/毎週金曜日14:00~16:00
出張販売/Facebook掲載のスケジュール参照 Facebook「森田商店 モーリーマーケット」で検索

取材・文 イワタハルユキ
写真 森田商店/イワタハルユキ 

すべての記事