ページトップへ

すべての記事

工務店とハウスメーカーの違いとは?

工務店とハウスメーカーの違いって? それぞれメリットがあります。

一戸建てをと考えたとき、いったいどこに相談すればいいのか迷ってしまいます。そんなときに真っ先に思い浮かぶのが、「工務店」と「ハウスメーカー」ではないでしょうか。「工務店」と「ハウスメーカー」それぞれに特長があります。
地域に根ざした営業と特徴のある家づくりをしているのが工務店です。地域に密着しているので親近感を持つことができ、お客様との距離が近い存在です。
ハウスメーカーは、規模が大きく、各都道府県に支店や営業所が置かれているため、知名度があり安心感があります。

 

工務店のメリット

地域に密着している工務店は、その土地の風土や環境、生活習慣に至るまでよく把握しています。建築の際には、知識や経験を活かした住まいを提案してくれます。また職人気質な方が多く面倒見も良いので、建設後のメンテナンスや増改築など親切・丁寧に相談に乗ってくれます。

そして工務店は、広告費や展示場の維持費かからない分、価格を抑えた家づくりができることが大きなメリットです。
工務店は、設計・施工・メンテナンスまで対応しているところが多く、意思の疎通を図りながら、理想の住まいづくりを進めることができます。

 

ハウスメーカーのメリット

ハウスメーカーの特長のひとつに、住宅展示場が挙げられます。モデルハウスを見たり、触れたりという体験を通して、新しい住まいや家族との暮らしなど、完成後の具体的なイメージを描けるのが大きな特長です。
ハウスメーカーは規模が大きくネームバリューがあり、プランやマニュアル、過去の実績など様々なデータが揃っているので安心感があります。

建設後の保証サービスなども充実しているので、困ったことが起きた際には手厚く対応してくれます。

 

世界にひとつしかない家を建てたい!

「こういう家を建てたい!」という具体的なイメージを持っている方、住まいへのこだわりが強い方は、自由度が高い工務店に相談することをオススメします。ご自身で見つけたお気に入りの設備を取り込んだり、どうしても廃棄できない古材を使ったりと様々な相談が可能です。これは設計や施工担当者との距離が近く、融通が利く体制になっているからできることです。
何度も何度も打合せを繰り返して、世界にひとつしかないこだわりの家を建てることができます。

家は建ててしまえば終わりではありません。
10年20年後のことを考えて、長く付き合える会社を選ぶことが大切です。

 

 

 

 

すべての記事