ページトップへ

すべての記事

不動産のチラシや雑誌、ホームページを見ていると目にする「建築条件付き売地」とは?

聞き慣れない言葉かもしれませんが、家づくりをスムーズに進め、理想に近い家を建てる上で知っておいて損はありません。

建築条件付き売地のメリット

理想の住まいを手に入れるために、不動産のチラシや雑誌、ホームページを見ていると目にする「建築条件付き売地」という言葉。聞き慣れない言葉かもしれませんが、家づくりをスムーズに進め、理想に近い家を建てる上で、知っておいて損はない言葉です。
注文住宅、建売住宅と共に、家づくりの方法の一つとして、様々な場所で登場する「建築条件付き売地」とは、一体どんなものなのでしょうか。

 

指定する建築業者と契約を結ぶことが前提

建築条件付き売地とは、土地を購入する際、土地の売主が指定した建築業者と一定期間内に建築請負契約を成立させることを条件として販売されている土地のことです。
一方、建築条件のない土地を購入して家を建てる場合は、いつ、どこの建築業者に依頼し、どんな家を建てるのか、自由に設定することができます。

 

注文住宅とはどう違う?

注文建築 家づくりをお願いしたい特定業者があるのなら、建築条件の無い土地を購入しなければなりません。
土地と建物それぞれの契約や地盤調査、地盤改良など完成までに多くの時間、様々な費用が発生するので、完成時期や総予算を設定しにくい面があります。
一方、建築条件付き売地は、土地契約から設計打合せ~施工と完成までのスケジュールが明確です。
そして地盤調査費や地盤改良費などの費用が含まれた金額設定になっているので、予算が組みやすいのが特長です。
建物の広さや選べる設備の数、使用する材料など、注文住宅ほどの自由度はありませんが、一定の範囲内で要望をかなえることができます。

 

建築条件付き売地は心配?

不動産契約

注文住宅とは違い土地の契約から建築請負契約までの期間が定められているため、そのぶん理想の家づくりへの打合せの時間が少なくなるのではないか?業者が指定されるということは要望が通らない可能性があるのではないか?という不安を持つ方が多いようです。

しかし最近の建築条件付き売地は、土地の売主が建築を行うケースが多いようです。土地探しから建物の打合せ、完成引渡しまで、同じ会社が担当するのは、責任の所在がはっきりし、大きな安心感を得ることができます。担当者が変わらないというのも安心材料のひとつです。

予算や時間、住みたい場所など住まいづくりには様々な条件が発生します。
注文住宅、建売住宅の選択肢に「建築条件付き売地」を加えることで、より理想の住まいに近づくことができるのではないでしょうか。

 

仲介手数料不要! 建築条件付き売地や不動産物件を探す

 

すべての記事