スタッフブログ

デジタルマーケティング&プロモーション サポートスタッフ 自己紹介へ

【改訂版】主婦目線で紹介!!家事の負担が軽くなる、ランドリールームって良い!! 

【改訂版】主婦目線で紹介!!家事の負担が軽くなる、ランドリールームって良い!!

こんにちは。東京支社コンシェルジュです♪
今回は主婦目線で「これは良い!!」と思った設備をご紹介します。今回はランドリールームです。

ランドリースペース01ランドリールームって便利ですよね。

日々の暮らしの中で多くの時間を費やしている家事の中でも、『洗濯』は時間と手間がかかる家事の1つですよね。この工程の多さに、どうにかならないの~!!と思う方も多いはずです。
そこで最近人気が高まっているのが、この記事で紹介するランドリールームです。この空間を上手く活用すれば家事負担が軽減されるので、弊社の新築分譲住宅のプランに取り入れられたり、フリープラン住宅などでおうちを建てられる際に検討される方も増えています。

【ランドリールームとは??】
洗濯に関わる家事を行うための部屋です。洗濯機や乾燥機・室内物干し・カウンター・収納棚などを設置することで、『洗う→干す→取り込む→たたむ→収納』までを一貫して行うことができる場所です。この場所で完結できるなんて、それだけでとっても嬉しいですね!!

たとえば、洗面脱衣室を広めにしてカウンターを設置したり、室内物干し用のスペースを設けたりすると空間を有効に活用することも可能です。下にある3枚の画像は、弊社の新築分譲住宅の施工事例になります。

 

洗面脱衣室<施工事例 ①> 洗面脱衣室<施工事例 ②> 洗面脱衣室<施工事例 ③>


 

これはいい!! と思った4つのポイントを紹介します。

ランドリースペース1. 家事の効率が良くなる
ランドリールーム内で洗濯から収納までを完結させることができるので、無駄な移動時間がなくなり、家事を効率的に行うことができます。

2. 天候や時間も気にしない、便利な室内干しスペース
室内干しのスペースを確保することで、夜間や雨でも気にせず洗濯物を干すことが可能です。外干しがなかなかできない花粉や梅雨の時期でも、室内干しがあることで洗濯がはかどり、家事ストレスが軽減されます。室内物干しフックは使わない時には取り外しておけるので、見た目もスッキリできます。

3. 生活感を抑えることができる
バルコニーから取り込んだ洗濯物を、一旦リビングや家族の共有スペースに置いて、そのまま放置してしまうことってありませんか?私はあります(汗)。取り込んだ洗濯物を散乱させてしまうと、どんなに素敵なリビングでも生活感が出てしまいます。
そこで!!
ランドリールームに作業が出来るカウンターを設けることで、洗濯物をその場で畳んだりアイロンがけができるようになり、共有スペースに洗濯物が出しっぱなし状態にならず、生活感を抑えることが出来ます。

4. 心にゆとりが生まれる
毎日の暮らしの中で欠かすことの出来ない家事。家事動線が不便だと一つ一つの動作に時間がかかってしまい、ストレスを感じたり面倒くさくなって、ついつい後回しに。結果家事をため込み、のんびりしたい時間に慌てて動く!!という悪循環が生まれてしまいますね。その問題は、広めの洗面脱衣室内をランドリールームにして、洗濯に関わる家事をこの場所で効率的に行うことで少し軽減できるのではないでしょうか。空いた時間で趣味をしたり、家族と過ごしたり、暮らしを楽しむことで心にゆとりが生まれそうです。

主婦目線で紹介!!家事の負担が軽くなる、ランドリールームって良い!! 画像や埋め込めれていた動画の建売建物にはランドリールームが設置されていましたが、希望やライフスタイルに合わせて間取りを決められる注文住宅であれば、ランドリールームからそのまま外につながるテラスをつけたり、収納の大きさなどを自由に決めていくのも良さそうですね。


※こちらは2022年5月21日に掲載された記事をリライトしたものです。

家アイコンラビングタウンの家づくり~こだわりの6つポイント

家族イメージ山口企画設計の建売・分譲住宅『ラビングタウン』の、住む人に安心、安全、快適な空間を提供するための家づくり。

地震や火災に強い「ツーバイフォー工法」・「省令準耐火構造」、「耐震等級3」基準をクリア、高気密・高断熱を実現する「吹付け硬質ウレタンフォーム断熱材」、外壁材は汚れの付きにくい「高耐久シーリング採用のサイディング」、内装下地には「ホルムアルデヒドを吸収するハイクリンボード」や防音性やクッション性が高い「床コンビボード」を採用した建物仕様です。

ラビングタウン訴求ポイント_ページ下部テンプレ-01 ラビングタウン訴求ポイント_ページ下部テンプレ-02

資料請求・お問い合わせ
ご興味のある方は下記電話番号へお電話ください。
またはお問い合わせボタンよりお問い合わせください。

TEL : 0120-778-772

お問い合わせはこちら▶


 

記事一覧

1ページ (全19ページ中)

ページトップへ