ページトップへ

住まいや暮らしのコラム

一戸建てと分譲マンションの違いについて

一戸建てと分譲マンションどっちがいいの?

住まいを持とうと決めた時、一戸建てにするか、分譲マンションにするか、大きな決断を迫られます。それぞれの良さを知らずに住まいを決めるのは悪いことではありませんが、多くの方が一生に一度の決断となる住まい選びです。一戸建て、分譲マンションそれぞれの違いをしっかり比べて後悔のない選択をしましょう。

土地の価値など一戸建ての良さ

一戸建てを購入した場合、土地と建物が自分の資産となります。建物自体は築年数が経つにつれて劣化し、資産価値が下がりますが、土地は資産として残ります。一戸建ては、子供や孫の代にまで引き継ぐことができるのです。

また一戸建ての場合は、子供が増えたり親と同居することになったりといった家族構成の変化にも、柔軟に対応することができます。いざとなれば増改築という手段も残されています。
近所付き合いが必要不可欠であっても、土地建物をまるごと自分の家族のものとして使うことができるので、マンションに比べてプライバシー性が高いのも一戸建ての大きなメリットです。土地と建物の広さによって、庭や駐車場といったスペースが持てるのも大きな魅力です。

一方、一戸建ては住んでいる方が建物の状態を確認し、修繕しなければなりません。ご自身でできるのであれば、少ない予算で修繕できますが、専門業者に依頼するのであればまとまった予算が必要になります。

 

利便性の高い分譲マンション

駅近の立地、住環境が整っているなど、多くの分譲マンションはロケーションの良さが大きなメリットになります。
また、キッズルームやラウンジ、宅配ボックスなど居住スペースとは別の共用施設や設備を充実させ、管理体制を充実させた、より住みやすい環境を提供している分譲マンションが多くなってきました。

プライバシーの面では、お互いの距離が近いため、生活音や共有スペースの使い方など気になる部分も多くなります。住人同士が気を使い合わなくてはいけないという状況が、窮屈に思えてくることがあるかもしれません。

 

先を考えたライフプランに合わせた選択が大事

自由にできる一戸建てを持つということはとても大きな魅力です。分譲マンションには管理規約による制限や、プライバシーの問題は避けられません。そういった面を一戸建てはクリアしています。ただ、ロケーションや住環境の良さを含めた分譲マンションの良さは捨てがたいところ。
10年、20年、30年先までを考えたライフプランに照らし合わせ、目先の魅力だけにとらわれないような選択をお勧めします。

 

 

 

住まいや暮らしのコラム