現場レポート

地域別|すべて

ラビングタウン山口2680 新築住宅

空間を段差で分けた新しいライフスタイルが生まれる家。

建築中レポート

1.2021年11月28日
山口2680現地
現地の様子

制震ダンパーが取り付けられました。壁・柱などの接合部に制震ダンパーを設置しました。制震ダンパーを取り付ける大きな目的は、「地震による揺れを吸収」し「地震の力を他の力に変える」ことです。何度も繰り返される地震の揺れを抑え、建物の構造体(基礎部分)の損傷をできる限り弱める働きをします。

2.2021年11月28日
山口2680現地
現地の様子

躯体工事が進んでいます。柱や壁面の下部分が赤くなっている所には、防腐・防蟻処理が行われました。

3.2021年11月21日
山口2680現地
現地の様子

躯体工事中。内部の様子です、ダイニングスペースから階段上のリビングスペースを撮影しています。ハシゴが置かれている部分に階段が設置されます。

4.2021年11月14日
山口2680現地
現地の様子

躯体工事中。2階部分の建ちあげを行っています。

5.2021年11月07日
山口2680現地
現地の様子

工事用の足場が組まれました。これから躯体工事へ進みます。

6.2021年10月31日
山口2680現地
現地の様子

基礎が完成しました。コンクリートをしばらく養生期間をおき、コンクリートが固まれば型枠を撤去します。型枠を撤去したあとには、コンクリートの仕上り状態をチェックします。(ベタ基礎は、建物の荷重をベース部分全体で建物を支えるため、建物の荷重負荷が分散して、地盤沈下などにも強く安定性に優れた建物になります。)

7.2021年10月24日
山口2680現地
現地の様子

基礎コンクリートの打設が行われています。
【ベタ基礎の構造】
ベタ基礎とは、立ち上がっている部分と床一面を鉄筋を入れたコンクリートで一体化して、大きな面で家の重みを支えます。面で支えたほうが荷重を分散できるので、耐震性が高いのが特徴です

8.2021年10月18日
山口2680現地
現地の様子

建築着工となり「やり方囲い」ができました。この囲いが基礎や建物の基準になるので、非常に重要な意味を持ちます。

9.2021年10月03日
山口2680現地
現地の様子

更地です。


資料請求・お問い合わせ
ご興味のある方は下記電話番号へお電話ください。
またはお問い合わせボタンよりお問い合わせください。

TEL : 0120-778-772

お問い合わせはこちら▶


 

地域別 - すべて にある

その他の現場レポート

ページトップへ