現場レポート

地域別|すべて

ラビングタウン北所沢町2019 新築住宅

南向きのワイドなLDK20帖。3階フロア主寝室は独立空間でプライベートをしっかり確保できる住まい。

建築中レポート

1.2021年10月31日
北所沢2019現地
現地の様子

断熱材の吹き付け作業を行いました。現場発泡ウレタンフォームは気密・断熱・耐火・遮音性に優れています。ホルムアルデヒドなどによるシックハウス(健康被害)の心配もなく安心です。

2.2021年10月10日
北所沢2019現地
現地の様子

外観の防水シートの上に胴縁が施工されました。胴縁には「外壁内の通気を確保する」という大きな役割があります。この通気を確保する工法を「通気工法」といいます。

3.2021年10月03日
北所沢2019現地
現地の様子

外壁のサイディング施工前に透湿防水シートが貼られました。「透湿防水シート」は湿気を逃がすこともできて、結露を防ぐこともできます。

4.2021年09月19日
北所沢2019現地
現地の様子

壁・柱などの接合部に制震ダンパーを設置しました。制震ダンパーを取り付ける大きな目的は、「地震による揺れを吸収」し、「地震の力を他の力に変える」ことです。何度も繰り返される地震の揺れを抑え、建物の構造体(基礎部分)の損傷をできる限り弱める働きをします。

5.2021年09月17日
北所沢2019
現地の様子

内部造作工事中です。ボードの下部分が赤くなっているのは防蟻用の薬剤が塗られています。柱の角には制震ダンパーが設置されています。

6.2021年09月10日
北所沢2019現地
現地の様子

躯体工事が進んでいます。現在は2階部分の壁の建上げ工程中です。
2階の壁は、1階と同様の作業工程で作っていきます。
2階部分の壁ができたら、天井部分の枠組みを作ります。
なお、2×4工法では常に床を作り上げてからその上で作業を行うことから、作業員の足場が安定しているため、落下などの事故を防ぐことができます。

7.2021年08月29日
北所沢2019現地
現地の様子

躯体工事中。1階の壁を寝かせた状態で枠組みを作ります。枠組みに合板を張り、開口部に合わせて切り取り、壁パネルを仕上げます。そして、壁を建て起こします。完成した枠組みの対角の測定を行う作業を繰り返して一階の壁まで建ち上がりました。

8.2021年08月20日
現地の様子
現地の様子

基礎工事が進み、足場が組まれました。

9.2021年08月06日
北所沢2019現地
現地の様子

基礎工事中。基礎工事は、型枠を組んでコンクリートを打ちます。
2×4の場合、床下の地盤からの湿気を防ぐために防湿フィルムを敷きます。床下の換気口の間隔を短くし地盤からの湿気をできる限り遮断します。

10.2021年07月24日
現地の様子
現地の様子

基礎工事が始まりました。防湿シートが敷かれコンクリートが打設されます。


資料請求・お問い合わせ
ご興味のある方は下記電話番号へお電話ください。
またはお問い合わせボタンよりお問い合わせください。

TEL : 0120-778-772

お問い合わせはこちら▶


 

地域別 - すべて にある

その他の現場レポート

ページトップへ