スタッフブログ

広報課 竹田 自己紹介へ

リモートワークに対応した間取り

こんにちは。
先日、展示用の家具設置のために現在販売中の建売住宅「ラビングタウン清瀬市野塩4丁目」に行ってきました。2021年6月11日現在、こちらは全7区画のうち残り1棟のみ。今回ご紹介する3号棟のみが販売中です。
この建物の間取りでの推しは、「各所に設けられた収納」と「リモートワークに対応した2帖の書斎」。とくに私が気になったのが、「リモートワークに対応した2帖の書斎」のほうです。

コロナ禍でニューノーマル(新しい暮らし方)でにおいて、リモートワークを実践されている方も多いのではないでしょうか。しかし、たとえば子どもがいる家庭では子どもが気になって仕事に集中できないことがあるかもしれませんし、ペットを飼われている方であれば、ウェブ会議中に鳴き声が入ってしまうこともあるかもしれません。
しかし、ホールから個室と同等に独立性を保っているワークルームであれば、そのような事は減ります。私も実際に中に入ってみましたが、2帖という広さがなんとも自分にはちょうどよく、居心地の良さにちょっと感動してしまいました。

また、ワークルームは、リモートワークをしていない家庭でも家事室や物入れとして利用できます。とにかく色々な使い方ができるこの空間。使い方次第で有効に活用できそうです。

 

 


友だち登録でお得な情報をGET!
山口企画設計のLINE@です。

友だち追加


 

記事一覧

1ページ (全18ページ中)

ページトップへ