ページトップへ

現場レポート

  • 地域別
  • すべて

ラビングタウン西東京市下保谷3丁目

南向きのお部屋と三面採光のワイドなLDKは陽当たりの良い空間。

1.2020年01月10日
ラビングタウン西東京市下保谷3丁目
現地の様子
制震装置が取り付けられました。制震とは、地震のエネルギーを制振(制震)機構により抑制する技術です。建物の揺れを抑え、構造体の損傷が軽減されるため大規模な地震や繰り返しの地震にも有効です。
2.2019年12月14日
ラビングタウン西東京市下保谷3丁目
現地の様子
基礎が完成し、一階の床→ 一階の壁→ 二階の床→ 二階の壁と順番に建てていきます。現在二階の壁まで建ち上がりました。
3.2019年11月21日
ラビングタウン西東京市下保谷3丁目
現地の様子
コンクリート工事中です。ベースコンクリートがある程度乾いたら、基礎内部の立ち上がり部分の型枠を組む工程に進みます。コンクリートを打設するときに、コンクリートの圧力で型枠が膨れたり倒れないように、サポート(支保工材)で枠の両サイドから押して固定してます。
4.2019年11月14日
ラビングタウン西東京市下保谷3丁目
現地の様子
基礎工事が始まりました。現在鉄筋コンクリートの引張強度を担う、鉄筋を組む工程を行っています。
5.2019年11月07日
ラビングタウン西東京市下保谷3丁目
現地の様子
杭を打ち込みました。杭打ちとは建物の基礎工事のひとつで正式には基礎杭打工事といい、構造物を地盤の上に安定して建築できるようにするための工法です。
6.2019年10月09日
ラ文具タウン西東京市下保谷3丁目
現地の様子
既存建物の地盤杭の掘り出し作業が終わりました。
7.2019年10月02日
ラビングタウン西東京市下保谷3丁目
現地の様子
解体した既存建物の地盤杭を掘り出しています。
8.2019年09月02日
ラビングタウン西東京市下保谷3丁目
現地の様子
現在更地です。