ページトップへ

設備・仕様

1.仕様・設備について~使いやすさをさらに使いやすくしたシステムキッチン

使いやすさをさらに使いやすくしたシステムキッチン

暮らしの中でキッチンの快適さは重要な位置を占めるもの。ラビングタウンの建物では、使いやすさをトコトン追求したシステムキッチンを標準仕様にしています。

 

キッチンに適した人造大理石素材を使用

継ぎ目がなくて 毎日のお手入れが簡単です。
人造大理石カウンターは、バックガード、水返しまで一体成形の為角がなく、お手入れしやすい形状です。 また人造大理石 同士のシームレス接合なのでカウンターとシンクの溝もなく お手入れ簡単です。

熱にも・衝撃にも・錆びにも 強い!
人造大理石カウンター・シンクは 350度に熱したフライパンをうっかりおいても大丈夫。熱湯にも 衝撃にも強く、もらい錆びなどありません。毎日たくさん使う場所だから、「強さ」にこだわりました。

明るく ずっと キレイ が続くから 毎日の家事が楽しい

傷がついても メラミンスポンジで研磨すれば簡単もとどおり。キッチンカウンターのための人造大理石素材は密度が違うので変色しにくくずっとキレイに使っていただけます。

 

浄水器一体型シャワー混合水栓

JIS「13物質」+浄水器協会「4物質」除去できる業界No.1の浄水性能。4層マルチフィルターで、ミネラル分を残したまま、おいしい水を作ります。吐水・シャワー・浄水の切り替えは、先端のダイヤルで行えます。レバーでお湯と水もしっかりと切り替えて、エネルギーのムダ使いを防ぎます。しかもカンタン適量操作付です。

時間の短縮に食器洗浄乾燥機

中に入れてお茶を飲んで後は待つだけの食器洗浄乾燥機。キャビネットの扉と同じ面材仕上げ。シンプルな操作パネルで見た目スッキリなデザインです。
収納容量は約40点で、標準、強力、節電、乾燥の運転コースが選べ、水量も約10リットル。ランニングコストは約23.8円(メーカーによる試算)です。

 

使いやすさを考えた収納でキッチンワークをスムーズに

シンク側上段は、ボウルやザル、ラップなどよく使う調理器具の収納に。チャイルドロックの包丁差し付。コンロ側には、鍋やフライパンなどよく使う調理器具の収納に。あると便利な場所に整理できる、キッチンワークの流れを考えたベースキャビネットです。

<収納イメージ画像>

 

<左:シンク下 右:コンロ下>

ショックアブソーバー仕様

引き出し式のコンテナは、閉まる直前でショックを吸収し、衝撃をやわらげるので、勢いよく閉めてしまっても「バタン」となりません。
したがって両手がふさがっていても体の一部で閉めても閉まる音は気になりません。
※コンロ横小引き出しには、ショックアブソーバーはついていません。

 

お手入れ簡単なサイクロンフード

本体は曲面形状により、煙を水平渦巻状態にキープしつつ吸い込むことで、本体に入る手前でフィルターが油汚れを吸着します。
拭き掃除が簡単な撥油塗装で斜め形状なので手が届きやすいので、楽な姿勢でお掃除ができます。

自動温調付ガラストップコンロ

温度調節機能を左右のバーナーに搭載。
料理に応じてお好みの温度に設定すれば火加減を自動的に調節します。左右同時に温度調節機能が使えるので手際よく調節できます。

丈夫でお手入れしやすいガラストップ
熱や衝撃に強く、誤って鍋を落としたりしても割れることはありません。結晶化ガラスは水分、油分をはじき汚れがしみ込みません。フラットな表面だから、汚れたらサッと拭くだけです。

火力調整が幅が広がり料理が多彩に
ワイド火力バーナーを左右に搭載したことで強火から、とろ火まで幅広い火力で調整できます。火力の使い勝手が広がり、お料理の幅が広がります。

 

キッチン収納以外にも便利な収納カップボード

調理器具などはキッチン収納で済みそうですが、お皿やスプーンなどをしまうスペースは必要です。それに電子レンジや電子ポット、炊飯器なども置けないと困りますよね。なにかとスペースをとるキッチンにはカップボードを設置します。

 

専用ゴミスペース

意外と気づかなかったところで、「キッチンスペースにゴミ置場がない!」なんて事ありませんでしたか?
端っこの方に置いてあるけど、邪魔になったり、ぶつかったりして困りますよね。
カップボードには下の収納部分を使用した専用ゴミスペースがありますので、キッチンスペースを邪魔することなく広く使えます。

 

ラビングタウン標準仕様書資料請求はこちら