ページトップへ

すべての記事

輸入雑貨&カフェ Chilling(チリング)

アジアの雑貨にかこまれてエスニックなメニューを楽しみながらまったり過ごせるカフェ。

所沢駅西口の西友横から線路沿いの道を3分ほど歩くと、2つの踏切にはさまれたエリアが見えてきます。そこにコンクリート打ちっぱなしでレンガをあしらったマンションがあり、その3階に輸入雑貨&カフェ Chilling(チリング)があります。内装もすべて自分たちで仕上げたという手づくり感覚あふれるお店で、めずらしい輸入雑貨を眺め、くつろぎのコーヒーやカレーを楽しむことができます。オーナーのゆうみさんにお話を伺いました。

Chillingの店内
<Chillingの店内>

 

アジアンテイストのくつろぎ空間

Chillingは7~8人も入れば満席になってしまう小さなお店ですが、その中身は充実しています。店内というよりは室内と呼んだ方が似合う空間に、アジアンテイストの雑貨が所狭しと並び、お気に入りの「何か」を発見する楽しみがあります。ここで販売されている輸入雑貨は旅好きなゆうみさんが、タイ、インド、ネパールなどアジア諸国に足を運び、直接仕入れてきたもの。必ず自分の目で見て、手で触れて仕入れ、現地では作っている人に会うことも多いそうです。

オーナーのゆうみさんと雑貨たち
<オーナーのゆうみさんと雑貨たち>

ゆうみさんは言います。
「いわゆる発展途上国には、手仕事の良さがあって、温かいような、懐かしいような、むかしの日本に似た魅力があると思います。私は以前から旅が好きで、バックパッカーとして海外を訪れていました。そこで現地の手仕事や文化や宗教性などを知り、これらの出会ったものを日本に伝えたいと思いました」

商品はすべて現地を旅して仕入れてきたもの
<商品はすべて現地を旅して仕入れてきたもの>
インドで出会ったガラスのランプシェード
<インドで出会ったガラスのランプシェード>

そして、Chillingは輸入雑貨を販売するだけでなく、カフェとしてくつろげる空間を提供しています。英語のChill outは「落ち着く」という意味ですが、日本でもスラングで「チルする」などと使われます。店名のChillingも、まったりとリラックスしてほしいと願ってつけた店名だとのこと。最近は雑貨を求めて来店する人だけでなく、コーヒーやチャイでくつろぎに来る人も多く、「チルするカフェ」として地元の人に親しまれています。

なおChillingは貸し切りもオーケーで、4名以上であれば予算に合わせて貸し切りにしてくれます。2~3名の場合は営業したまま部分的なスペース提供になります。お店では時にはアコースティックなライブが開かれたりすることもあるそうで、貸し切りで小規模なイベントなどに利用することもできます。

 

おすすめのカフェメニュー

『グリーンカレー』
Chillingイチオシのメニューはタイ風のグリーンカレーです。具はその時によって変わりますが、風味豊かなカレーとサフランライスのハーモニーが抜群。グリーンカレーは食べた瞬間に甘みを感じ、後から辛さが追いかけてくる本格派の味わいです。取材の日はチキンとカボチャのグリーンカレーをいただきました。

グリーンカレー 単品800円/コーヒーとのセット1,100円/輸入ビールとのセット1,250円
<グリーンカレー 単品800円/コーヒーとのセット1,100円/輸入ビールとのセット1,250円>

『日替わりカレー』
Chillingには他にも日替わりでイエローカレー、レッドカレーなどが用意されています。Chillingのカレーはオーガニックを基本に、健康に良いものを使い、体に悪影響のある添加物を使わず作られています。ゆうみさんがタイに滞在し、独学で学んだ健康カレーです。

『コーヒー』
コーヒー好きで1日3~4杯は飲むというゆうみさんが選び抜いたコーヒーもおすすめです。地元の名店といわれる自家焙煎珈琲カプリコーン(東所沢)とタンゴ(川越)から、ていねいに焙煎された豆を仕入れ、ハンドドリップで淹れています。

 

コーヒー 350円
<コーヒー 350円>

 

日々の疲れを癒せる場に

旅が好きなゆうみさんが、いま考えていること。
「ゲストハウスをやるのも面白いなと思っています。人との縁を大切に、いろんな方と出会える場所を作って行きたいです」
日本でも民泊がようやく普及してきて、2020年には東京オリンピック・パラリンピックがあり、それを契機に世界から多くの旅人が訪れるはず。もしかしたらゆうみさん、その頃は海外からのバックパッカーを応援する立場になっているかもしれません。

振り返ればChillingが開店したのは2015年夏のこと。その頃から、このあたりの路地には個性的なお店がちらほら見られるようになりました。小さな旅のような感覚でお店をのぞいて、好きなものを見つけたり、スタッフとおしゃべりしたりするのも楽しい時間です。

締めくくりに、ゆうみさんからみなさんへのメッセージをお聞きしたところ、「日々の疲れをゆっくり癒しに来てください」とのことでした。アジアンテイストの雑貨とコーヒーとカレーが好きなみなさん、Chillingでまったりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

Chilling看板

 

お店のデータ

店名/Chilling(チリング)
所在地/所沢市旭町2-1 モンシャトー壱番館301
TEL/04-2935-3787
営業/土・日・月・火 12:00~15:00 17:00~21:00 ※イベント出店等で臨時休業の場合あり
駐車場/近くにコインパーキングあり
ホームページ/ http://minimal-satelight.com/chilling/
フェイスブック/「輸入雑貨&カフェChilling」で検索 ※タイムリーな情報はフェイスブックをご覧ください

取材・文・写真/イワタハルユキジモト発見ライター 

 

 

すべての記事