ページトップへ

住まいや暮らしのコラム

夏バテ防止の基礎知識。疲労、倦怠感、無気力を感じたら、すぐに対策を!

夏バテ防止の基礎知識 疲労、倦怠感、無気力を感じたら、すぐに対策を!

 

今年(2017年)も暑い日が続いており、連日気温30度超えは珍しくなくなっています。
厳しい暑さが長期間続くと心配になるのが「夏バテ」です。 この夏バテ、誰もが経験したことのあるものだと思いますが、その原因や対策はあまり知られていないのではないでしょうか。

今回の「暮らし情報」は、夏バテの基礎知識をご紹介します。

夏バテ防止の基礎知識 疲労、倦怠感、無気力を感じたら、すぐに対策を!

 

 

夏バテはなぜ起こる?

熱中症について以前詳しくご紹介しましたが、そこでは「涼しいところで休息すること」、「こまめに水分を取ること」、「食事をしっかりとること」などを予防法としておすすめしました。  ※以前の記事はこちらから

これらは夏バテ対策にも共通する部分がありますので、復習がてら読み返しておいていただくとよいでしょう。
それでは夏バテの原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

夏バテの原因①
高温多湿による発汗不調 夏特有の高温多湿による発汗不調は、熱中症だけでなく、夏バテにも影響します。カラダは汗をかくことで体温を調節しますが、温度や湿度が高いと汗を排出できず、環境に適応しにくくなります。炎天下では逆に過剰発汗が起こり、脱水症状に陥ります。これらが疲労を引き起こします。 

夏バテの原因②
急激な温度差による自律神経の不調 暑い室外とエアコンの効いた涼しい室内を繰り返し行き来すると、急激な温度変化にカラダが対応できず、自律神経に異常が起きることがあります。また冷房の効きすぎた場所で長く過ごすのもカラダにとってストレスになります。だるさやめまいなどを感じるようになったら要注意です。

夏バテの原因③
暑さによる睡眠不足 都市部では夜になっても温度が下がらないヒートアイランド現象が観測され、いろいろと問題になっています。そのため熱帯夜が多く、「暑さで眠れない」、「眠りが浅い」と感じている方も多いようです。こうした睡眠不足も夏バテの大きな原因になります。人間のカラダは睡眠中に疲労を回復し、活力を取り戻すので、熟睡できないのは大問題になります。

 

 

なんだか疲れた…と感じたら要注意! 

特に多忙や重労働だったわけでもないのに、なんとなく疲れた、と感じることがあります。こうした漠然とした疲労感、特に「だるい」、「カラダが重い」などと倦怠感や無気力を覚えたときは、深刻な夏バテかもしれません。

また、夏バテの症状として食欲不振が見られることも多々あります。胃腸の機能が低下すると、しっかりした食事を食べる気が起きなくなります。食べないとエネルギーや栄養が不足しますから、だるさや倦怠感がさらに悪化することになります。

夏バテになると、免疫力(体内に侵入してくる異物に打ち勝つ力)も低下します。したがって、暑いにもかかわらず風邪を引いてしまうことがあります。いわゆる「夏風邪」です。
ハナが出る、おなかをこわす、微熱があるなどの症状が出たら早めに医師に治療してもらいましょう。夏風邪は長引くと体力を消耗し、夏バテを増幅させてしまいます。

なんだか疲れた・・・と感じたら要注意!

 

 

夏バテの予防にはどんな方法が?

夏バテをあらかじめ防ぐためには、どのような方法があるでしょうか。日常生活のなかでちょっとした配慮をすれば、夏バテは予防できます。

夏バテを予防するには、意識的に栄養価の高い食品を食べるようにしましょう

栄養価の高いものを食べる
夏バテを予防するには、意識的に栄養価の高い食品を食べるようにしましょう。良質のタンパク質やビタミン類が効果的です。以下の食品は夏バテ予防の定番と言われています。
・豚肉(ビタミンB1が疲労回復に効果的)
・ウナギ(ビタミンAとビタミンB1が豊富)
・大豆などの豆類(良質なタンパク質)
・トロロイモ(滋養強壮に定評があり、コリン・サポニン・ムチンなどの微量栄養素も豊富)
・長ネギ(ビタミンC、カリウム、カルシウムで血液サラサラ)

室温をこまめに調節する
人間のカラダは、室外と室内の温度差が5℃以上になると、自律神経が影響を受けるといわれています。エアコンはすこし温度を高めに設定するなど、室内があまり冷えすぎないように注意しましょう。エアコンの風が直接肌に当たるのは避けたいものです。オフィスやショップなどエアコンの温度や風向きが調節しにくいところでは、サマーセーターを羽織るなどして冷えすぎないように工夫するとよいでしょう。

質の良い睡眠をとる
熟睡すれば疲れが取れることは言うまでもありません。毎日の疲れを、その日のうちに解消できていれば、夏バテにもなりません。したがって、いかにして熟睡できる習慣や環境をつくるかがポイントです。次のような工夫をしてみましょう。
・夕食は就寝2時間くらい前までに済ませる。
・入浴は就寝1時間くらい前までに、ぬるめのお湯にすこし長めに入る。
・寝酒は避ける(酔った勢いで寝るのは熟睡とは違う)。
・熱帯夜はクールピローで頭部を冷やしながら寝る。
・寝る間際にテレビ、パソコン、スマホを見ない(脳や視神経を刺激しない)。

 

 

もしも夏バテになってしまったら!?

夏バテによると思われる疲労感、倦怠感、無気力、食欲不振、睡眠障害などが起きた場合は、早めの対応が必要です。次のような対策をご検討ください。

・食事の工夫/食欲がない場合は香辛料、生姜、辛味大根などを活用してみる。
・マッサージ/全身の血行をよくし、筋肉のコリをほぐす。 ・ビタミン剤/ビタミンB1、B6、B12等が配合されたビタミン剤を服用する。
・栄養ドリンク/ビタミンや生薬(朝鮮人参等)を含むドリンク剤を飲む。
・医師の診察/症状が重い場合や長引く場合は医師に相談する。

夏バテの情報、いかがでしたでしょうか。 知っているようで、知らないことも多かったのではありませんか?
まだまだ暑い日が続きます。ぜひこのページを予防や対策に役立ててくださいね。

 

住まいや暮らしのコラム