ページトップへ

ジモト発見ライター 気になるお店訪問

古着・雑貨・アンティークの販売&撮影・レンタルスペース SWC

倉庫をリノベーションしたおしゃれなお店。癒しや安らぎのある空間で、魅力的な商品をリーズナブルな価格にて提供。

東所沢に倉庫をリノベーションしたおしゃれなお店があるという噂を聞き、インターネットで探してみると、SWCというセレクトショップを発見。場所は所沢市亀ヶ谷のJAいるま野柳瀬支店の向かい側です。訪問してみたところ、マネージャーの杉本直樹さんが親切に案内してくれました。

SWCの外観はまさに倉庫スタイル<SWCの外観はまさに倉庫スタイル> 店内には古着や雑貨をはじめとした多彩な商品が並ぶ<店内には古着や雑貨をはじめとした多彩な商品が並ぶ>

物販からレンタルスペースまで幅広く

SWCは2016年にオープン。古着、雑貨、アンティークなどを販売するとともに、倉庫風のおしゃれな空間を活かした撮影やレンタルスペースにも利用できます。
実はこのSWCというお店、株式会社シノハラという倉庫管理や店舗リノベーションを行っている会社の子会社だとのこと。そう聞いて倉庫を改装したスケールの大きな店舗や、そこに並べられた豊富な品揃えに納得。
ちなみにSWCとは“SO WE CREATE”という言葉からネーミングしたそうです。

SWCを運営している杉本直樹マネージャー<SWCを運営している杉本直樹マネージャー>

店内のおしゃれな空間演出

SWCの店内は1階、2階、そして2階テラス。そのいずれもが豊富な商品で埋め尽くされ、同時にライフスタイルの提案となっています。杉本さんにお店のコンセプトを伺いました。

「私たちは売ることだけでなく、空間演出を大事にしています。おしゃれで、居心地がよく、リラックスできる空間づくり、それができれば理想ですね。お客様のなかには商品をお求めになるのではなく、空間づくりを依頼される方もいらっしゃいます。SWCはお店や住まいのリノベーションも喜んでお引き受けします。また、お店の空間を利用してイベントを開催することもあります。私たちSWCが主催する催事もあれば、お客様に箱貸しすることもあります。映画やプロモーションビデオの撮影に使われた実績もあるので、そうした面でもお気軽にご相談いただきたいですね」

さりげない日常を思わせるディスプレイ<さりげない日常を思わせるディスプレイ>

バッグやシューズなど思わぬ掘り出し物が見つかるかも<バッグやシューズなど思わぬ掘り出し物が見つかるかも>

SWCのおすすめアイテム

【古着】

SWCはシーズンに合わせた古着の品揃えが豊富で、よく売れています。お店で販売されている古着はカジュアル系が主流。夏はTシャツ、アロハシャツ、ヴィンテージものなど。冬はジーンズ、ネルシャツ、コートなどが並びます。20代から60代まで年齢を問わずに着られるようセレクトされています。
洋服以外ではバッグ、シューズ、アクセサリーなど、ノーブランドからブランドものまで並んでいます。陳列されたいろいろな商品群からお気に入りのアイテムを見つけたときの喜びは格別のもの。SWCでの古着探しが癖になるかもしれません。

夏を彩るアロハの古着たち<夏を彩るアロハの古着たち> 

【雑貨】

ライフスタイルにこだわる人はお気に入りの雑貨でお部屋を演出することが多いようです。SWCには食器、花瓶、時計、置物など多種多彩な雑貨が勢揃い。店内に何気なく配置された雑貨は、ときに趣味の品であったり、日用品であったり。自分だけの置き方や使い方を考えながら、楽しくお買い物ができます。

テーブルやショーケースには雑貨がセンスよく置かれている<テーブルやショーケースには雑貨がセンスよく置かれている> 

【アンティーク】

SWCにはテーブル&チェア、ソファ、キャビネット、ブックシェルフなど海外のアンティークも入荷します。アンティークとの出会いはその時のタイミングですので、何かをお探しの方はこまめにチェックするのがコツ。なお、SWCは家具などの大きな商品の配送についても相談に乗ってくれます。

【SWCオリジナル】

SWCでは個性的なライフスタイルを演出するオリジナルアイテムを企画・製造・販売しています。例えば写真のようなハンドメイドのオリジナルソファ。座り心地のよい上品な水色のソファとオットマンをセットにして提供しています。このようなオリジナル家具の提案も見逃がせません。

個性的なSWCオリジナル家具の提案<個性的なSWCオリジナル家具の提案>

【植物】

植物はもともと商品ではなかったそうですが、お客様からディスプレイの観葉植物を売ってほしいと頼まれたことがあり、それ以来、販売するようになったとのこと。仕入れはスタッフが各地のグリーンファームに出掛け、枝ぶりのよいものを厳選して仕入れています。

大事に育てられて生き生きとした植物たち<大事に育てられて生き生きとした植物たち> 植物もディスプレイでありながら商品のひとつ<植物もディスプレイでありながら商品のひとつ>

今後の抱負はカフェの併設と2号店の開設

杉本さんに今後の抱負をお聞きしました。
「いま計画しているのはカフェの併設です。最初は来店されたお客様に飲み物をおもてなしする予定ですが、いずれは飲食店営業の許可を取り、本格的なカフェメニューを提供したいと思っています。気候のよい季節は2階のテラスも使えると思いますし、お店の雰囲気を味わいながらゆっくりとリラックスしていただけるようにしたいですね」

2階は近い将来カフェスペースに<2階は近い将来カフェスペースに> 過ごしやすい季節は2階テラスでくつろぎのひととき<過ごしやすい季節は2階テラスでくつろぎのひととき>

SWCオリジナルアイテム<SWCオリジナルアイテム>

締めくくりに杉本さんからお客様へのメッセージをいただきました。
「SWCはおしゃれな空間、癒しや安らぎのある空間で、魅力的な商品をリーズナブルな価格にて提供しています。またレンタルスペースとしてもご利用をお待ちしております。みなさまの楽しい生活に貢献するお店になりたいと思いますので、ぜひお気軽にご来店ください。いつも明るく気さくなスタッフがお待ちしております」

お店のデータ

古着・雑貨・アンティークの販売&撮影・レンタルスペース SWC
所在地/〒359-0014 所沢市亀ヶ谷136-1
TEL/04-2968-8848
営業時間/11:00-20:00
定休日/月曜日 駐車場/あり
Homepage/ http://www.swc-mng.com/
Instagram/ naoki simpson

取材・文・写真/イワタハルユキ

ジモト発見ライター 気になるお店訪問