ページトップへ

ジモト発見ライター 気になるお店訪問

ギャラリー喫茶 オンブル

作品を展示する人、鑑賞する人、カフェでくつろぐ人。それぞれのオンブルをゆったりと。

新所沢のけやき通りに、優しい雰囲気のお店を見つけました。
よく見るとギャラリー喫茶店オンブルという看板が掛かっています。
ここはいったいどんなお店なのでしょう。
気になる店構えに足を止めて立ち寄ると、にこやかな鈴木店長がお相手してくださいました。

木のぬくもりが伝わってくるオンブルの外観
<木のぬくもりが伝わってくるオンブルの外観> 

 

●作品を見てもらえる”場”を提供したい

「オンブルはギャラリー喫茶ですので、ご自分の作品を展示したいと思っている方に”場”を提供するということをメインに考えています。
ご近所の方や展示している方のお知り合いなどに、気軽に来ていただいて、飲み物や軽食を楽しみながら、ゆったりのんびり過ごしていただける。そんなお店にしたいとおもっています。」と店長。 


<オンブルの店内は静かで落ち着いた雰囲気>


<平日は店長ひとりでお店を切り盛り>

 

その店長も、実は写真を見るのが大好きなのだそうです。
もともとオンブルをオープンしたときは写真ギャラリーにしようかと思っていたそうで、いつしかオンブルには写真の好きな人が集まるようになったとのこと。
そう言われてみると店内にはそこかしこにいろいろな写真集が置かれていることに気づきます。 




<店内にさりげなく置かれている写真集たち>

とはいいつつも、ギャラリーの展示はジャンルにこだわらず、幅広く利用できます。
これまで展示された作品は、写真をはじめ、水彩画、油絵、版画、水墨画、書など多岐にわたります。
そして個展もあればグループ展もあり、いろいろな要望に応えてくれます。
ギャラリーの日程や使用料などの詳細はオンブルのホームページをご覧ください。

http://www.gallerycafe-ombre.com/

なおオンブルでは、写真に関してプリントの代行や展示用の額(写真以外にも使用可)の貸出しもしています。
搬入・搬出などのお手伝いもお願いできるとのことで、展示経験者の方はもちろんのこと、展示に慣れていない初心者の方でも気軽にいろいろと相談できます。

実際にあった例ですが、スマホで写真を撮るのが趣味という女性が作品を展示してみたいということで、オンブルがデータを預かり、プリントして展示したところ、その写真を気に入られたお客様に譲ることになったそうです。
撮影した女性は自分の隠れた才能にたいへん驚かされたようです。
こうした新しい発見もオンブルの壁から生まれています。

店長は言います。
「ギャラリーというと敷居が高い印象があって、自分の作品を発表したいと思っていても、いざとなると踏み切れない方が多いようです。所沢には市民ギャラリーや公民館などもあり、結局そういう会場を選択されることも多いようですね。でもギャラリー喫茶でお茶したり、ランチを食べたりしながら、作品を鑑賞するのもまた違った楽しみがあると思いますので、ぜひお気軽にご利用していただきたいと思います。」

また、オンブルには一人で本を読みに来るお客さまも多いそうです。
窓から柔らかな木洩れ日が差す落ち着いた席で、静かに読書するのは至福の時に違いありません。
記者も次回は読みかけの小説を持参し、並木道に面した窓際の席で珈琲を飲みたいと思いました。


<窓際の席からレースのカーテン越しにけやき並木を見る>

 

●ミニコンサートやイベントも開催

オンブルでは随時イベントも開催されており、これまでギターコンサート、フラダンス、古典芸能の説教節講演などが行われています。
これらはオンブルが主催するもので、参加者はひととき楽しい鑑賞の時間を過ごしているとのことです。
またオンブルでは「文学カフェ」と銘打ち、本好きな方のためのイベントも開催されています。
ペースは年3回ほどで、毎回10名くらいの参加があるとのこと。
集まった人がそれぞれテーマに沿ってスピーチし、2時間ほど交流します。
最初は緊張していた方も、好きな本について語るうちにリラックスし、参加者同士で親しくなっているそうです。
店長は「いずれは文学カフェのようなかたちで音楽を語るイベントもやってい見たいなと思っています。」と話してくれました。

オンブルはギャラリー喫茶ですが、こうした地域に密着した文化活動にもフィードが広がりつつあるようです。
今後の活動に期待したいと思います。


<多彩な情報を知ることができるインフォメーション>

 

●オンブルに来たら食べたいカフェメニュー

オンブルにはギャラリー喫茶ならではの個性的なメニューが用意されています。
ここでは、そのほんの一部ですが、おすすめとしてご紹介させていただきます。

【昔ながらのナポリタン】(650円)
ハムとピーマンとしめじを入れ、トマトケチャップを濃厚に絡めた懐かしいナポリタン。

【オリジナルオンブルカレー】(650円)
数種類のスパイスを使用した辛口のポークカレー。

【自家製スコーン】(2コ450円)
生クリームとラズベリージャムを使ったサクサクで食べごたえのあるスコーン。
コーヒーにも紅茶にもよく合います。

【ホットサンド】(500円)
土日限定!ハム、アスパラ、チーズをサンドして味わい深く焼き上げます。

ドリンクではコーヒー(オンブルブレンド)がおすすめ。
珈琲豆は仕入れている焙煎工房に店長の考えを伝えて独自にブレンドしてもらった力作です。
珈琲がちょっと苦手な方でも飲みやすい、さわやかな味と香り。
もちろん注文を受けてからペーパードリップで淹れています。

●ぜひ参加してみたい「写真のワークショップ」

オンブルがオープンしたのは2013年7月のこと。
それ以来、地域に密着したギャラリー喫茶として、着実な歩みを重ねてきました。
そこで、これからの抱負を店長にお聞きしてみました。
「ご近所の方や、新所沢に来られた方が、楽しんで、くつろいでいただけるお店にしたいと思います。
初心者の方や、写真がうまくなりたい方に向けて、写真のワークショップも行う予定ですので、ぜひご参加いただきたいと思っています」
新所沢駅西口から歩いて約10分、四季折々に違った顔を見せてくれるけやき並木に面したお店です。
写真や絵画や読書の好きなあなた!ギャラリー喫茶オンブルにふらりと立ち寄ってみることをおすすめします。

【お店のデータ】

店名/ギャラリー喫茶オンブル
所在地/〒359-1111 所沢市緑町3-12-19
TEL/04-2937-3899
営業日/火・水・金・土・日
営業時間/11:30~18:00(ラストオーダーは閉店30分前)
ホームページ  http://www.gallerycafe-ombre.com/

*記事中の価格はすべて税込みです。

 

取材・文・写真 イワタハルユキ
※料理写真はオンブル提供

ジモト発見ライター 気になるお店訪問