ページトップへ

ジモト発見ライター 気になるお店訪問

Lycka(リュッカ) ~手捏ね・自家培養酵母パン・焼菓子の店~

原材料を厳選し、手捏ねで本来の風味を醸し出す。
自家培養酵母で長時間発酵させて焼き上げた存在感あるパン。

火曜日だけ営業している不思議なパン屋さんがあると聞き、興味津々で訪問させていただきました。
そのお店は「Lycka」(リュッカ)。
JR武蔵野線東所沢駅の改札口を出て右手のロータリーへ進み、線路に沿って浦和方向に歩くと、すぐに見つかります。まさに駅から1分の便利な立地。お店のドアを開けるとオーナーの木村光男さんと有子さんのご夫妻がにこやかに迎えてくれました。

Lycka 店舗外観

 

「自分が食べたくなるパン」をていねいに手づくり

店名のLyckaはスウェーデン語で「幸せ」という意味だとのこと。木村さん夫妻とスウェーデンに特に縁があるわけではありませんが、店名を考えるときに有子さんがいろいろな案を出し、その中にあった言葉だそうです。

Lyckaの店内に入るとパンが少数精鋭という雰囲気で並べられています。この日は夕方に伺ったためすでにかなり売れていて、写真のように陳列は少なめでした。パンは売り切れ次第終了とのことですので、早めのお出掛けが確実かもしれません。

Lycka 店舗内観

まず、光男さんにLyckaのパンづくりの特徴を伺いました。

「パン生地をつくるときは機械で捏ねるのが一般的ですが、Lyckaではすべての生地を手で捏ねています。そうすると捏ねすぎないように手加減でき、風味のよい生地がつくれます。捏ねると生地のボリュームは出やすくなりますが、捏ねすぎるとグルテンが増えて小麦本来の風味が弱くなりがちです。私たちは捏ねることではなく長時間の発酵によって生地をつくるスタイルでおいしいパンづくりに取り組んでいます」とのこと。

長時間発酵もLyckaのパンづくりのポイントです。市販のイーストなどは使わずに、オーガニックレーズンと水と糖分でつくった自家培養酵母を使っているとのこと。生地を仕込んだらパンチという折り畳みの工程で力をかけ、低温でじっくり18時間ほどかけて発酵させているそうです。そうすることで水和と呼ばれる小麦粉と水がなじむ現象が起き、しっかりした生地がつくられていきます。
「ですからLyckaのパンは軽くてあっさりしたパンではなく、風味が豊かで重量感や噛みごたえのあるパンになります」と光男さん。

よくパン屋さんの表示で見かける「天然酵母」とLyckaの「自家培養酵母」の違いについても聞いてみました。
「一般的なイーストも自然界に存在する酵母を圧縮したものなので範囲を広げて表現すると天然酵母ということになってしまいます。そこでLyckaはあえて自家培養酵母と表現しています。オーガニックレーズンで培養した自家製酵母はLyckaの根幹といえると思います」

さらに原材料についてもこだわりが。
Lyckaでは食品添加物を使った原材料は使わないことにしているとのこと。なぜなら人工的な添加物が入っていないほうがおいしいし、体に優しく負担が少ないと考えているからです。光男さんはいつも「自分が食べたくなるパン」をお客様に提供したいと思っているそうです。ドライフルーツはオーガニックのものを使い、小麦粉も手に入った時はオーガニックや無農薬のものを使っているといいます。小麦粉は基本的に北海道産を使い、入手できた時には地元所沢産のものも使うことがあるとか。北海道産は飽きのこない食べやすさ、所沢産は良い意味で雑味がありフランスの小麦に似た感じがあるそうです。

なおLyckaのパン生地には基本的にタマゴも牛乳も使っていません。それらは香りや味に寄与したり、ボリュームを出したり、艶出しのために塗ったりとメリットは多々ありますが、Lyckaのパンには必要ないと判断しています。(但し稀に焼くブリオッシュというパンにはタマゴを使用しています)

 

Lyckaのおすすめは、メロンパン、バゲット、食パン

すべてのパンがおすすめではありますが、オーナーの木村さんご夫妻から特に推奨していただいたパンをご紹介します。これらはお店でよく売れているとのことです。

メロンパン
1コ 150円(税込)
甘さ控えめなメロン皮の生地に包まれた、もちもちでしっとりのパン生地が特徴です。

Lycka メロンパン

バゲット
1本 180円(税込)
小麦粉、自家培養酵母、天日海塩、水という最低限の材料でつくられたシンプルな味わいです。

Lycka バゲット

食パン
1斤 320円(税込)
岩手県産南部小麦の全粒粉を使用した栄養価が高く風味のよいどっしりした食パンです。

Lycka 食パン

 

ホームページからネット通販でLyckaのパンが買える

Lyckaのホームページ(記事末尾に記載)には通信販売コーナーがあり、下記の商品を買い物カゴに入れて購入することができます。またセット以外のパンの注文も可能な場合は受けてくれるそうなのでご希望の方は相談してみるとよいでしょう。ネット通販は遠方の方や忙しくてお店に来られない方には便利なサービスです。ただし発送はお店が営業している火曜日になるとのことですので、あらかじめご理解を。

Lyckaな手捏ねパンBOX Aセット
2,000円(税込)

Lycka Lyckaな手捏ねパンBOX Aセット

Lyckaな手捏ねパンBOX Bセット
3,000円(税込)

Lyckaな手捏ねパンBOX Bセット

Lyckaな手捏ねパンBOX Cセット
4,000円(税込)

Lyckaな手捏ねパンBOX Cセット

 

今後の抱負はおいしいパンのあるカフェを開くこと

Lyckaが火曜日のみ営業というのを不思議に思った人も多いと思います。記者もお店を訪れてその謎が解けました。
実はLyckaは現在、ある美容院の定休日(火曜日)にお店を借りて営業しているのです。だから火曜日のみ営業ということなのです。また火曜日以外は各地のイベントなどに出店しているそうなので、所沢周辺でイベントがあった場合は、探してみるとよいかもしれません。

オーナーの木村光男さん
<オーナーの木村光男さん>

自宅の工房でパンを手づくりし、お店とイベントで売っている、それがLyckaの今。そこで光男さんに今後の抱負を聞いてみました。

「今は場所を借りてパンを販売していますが、いずれは自分のお店を持ちたいと思っています。そのお店は単なるパン屋さんではなく『パンのあるカフェ』を考えています。
パンをメインに飲み物や料理を提供し、出来たての温かいものを食べてもらったり、自分が食べたいと思う農家の野菜や果物を販売したり、自然食品のようなものも置いたカフェですね。そこでは子どもたちが楽しめるイベントを開くとか、地域の方々が集まれるような、そんな『場』をつくれたらいいなと思っています。来てくれた人たちが何かを感じて、自分の食生活に生かしてもらえるような、そんなお店をやりたいですね。
そして子どもたちも安心して食べられる安全な原材料でつくった料理や、自然な風味と栄養価の高いメニューを通じて、食文化を広めるお手伝いがしたいと思っています」

Lyckaのオーナー木村光男さん・有子さんご夫妻は、限りなく自然志向で、真面目にパンづくりに取り組んでいらっしゃる方でした。いずれ新しいお店ができた暁にはぜひ続編を掲載させていただきたいと思います。それまでは読者の皆様、東所沢かネット通販でLyckaのパンをお楽しみください。

 

お店のデータ

Lycka(リュッカ) ~手捏ね・自家培養酵母パン・焼菓子の店~
所在地/〒359-0024 埼玉県所沢市東所沢1-1-14
TEL/070-5463-8595
FAX/04-2001-0240
営業時間/10:00~17:00(売り切れ次第終了)
営業日/毎週火曜日のみ営業
駐車場/なし
E-mail/ info@lycka-tegone.com
Homepage/ http://www.lycka-tegone.com/
Facebook/ https://www.facebook.com/lycka.lycka.lycka/
Instagram/ https://www.instagram.com/lycka.tegone/

取材・原稿・写真 イワタハルユキ
商品写真提供 Lycka

 

ジモト発見ライター 気になるお店訪問