ページトップへ

スタッフブログ

日々着々と工事が進んでいる高性能住宅のモデルハウスです。この日は断熱材の施工日ということで、設計課の古田課長と広報課の山川が現場にて取材をしてきました。

ウレタンフォーム断熱材<断熱材が吹き付けられた壁>

ウレタンフォーム断熱材<白い部分がウレタンフォーム断熱材です>

ウレタンフォーム断熱材<削る前はこのようにモコモコになっています>

 

この建物はウレタンフォームの断熱材が採用されています。発泡させたスポンジ状の小さな硬い泡の集合体であるウレタンフォームの中には、熱を伝えにくい空気が閉じ込められているため、優れた断熱性があります。一般的な住宅の断熱材というとグラスウールが多いのですが、ウレタンフォームは隙間なく詰め込むことが可能です。

外側に面しているところにはツーバイシックス材を採用しているため、断熱材の厚みは約130~140mmにもなり、一般的な建物の場合は約100mm程度が多いので比較すると約1.5倍の厚さになっています。

 

【YouTube動画】ウレタンフォーム断熱材施工現場の様子

 

 

記事一覧 | 2020年2月