ページトップへ

スタッフブログ

地域密着型不動産業実践セミナースタッフの竹田です。
去る10月30日に全国宅地建物取引協会連合会主催の不動産セミナーに参加してきました。セミナーのタイトルは「REVOLUTION~新しい不動産業を目指して~ これからの地域密着型不動産業 実践セミナー」です。

「地域を魅力的にする」「顧客志向・新しい管理を拓く」「地域の安全性を確保する」をテーマに、丸順不動産・小山隆輝氏、尚建・徳山明氏、八清・西村孝平氏、東郊住宅社・池田峰氏、阪井土地開発・阪井ひとみ氏が、地域密着型不動産業の実践成功事例を紹介し解説をする内容でした。

地域密着型不動産業実践セミナー会場は住宅金融支援機構本店にある「すまい・るホール」。会場はほとんどの席が埋まってしまうくらいの賑わいで、どの講師の講演も聞きごたえがあり、考えさせられるものでした。
個人的には池田氏の1600室の賃貸管理物件の資産価値を一気に向上させたトーコーキッチンの話がとても興味深く、柔軟な発想と実行力、事業として成功させた手腕に感服しました。

トーコーキッチンの話はすでにテレビや他のマスコミでも取り上げられているのでご存知の方もいるかと思いますが、物件そのものに付加価値をつけるのではなく、入居者やその関係者が格安で利用できる食堂というものを使って、管理会社に付加価値をつけたということがミソ。その管理会社が管理している賃貸の部屋全部の価値を向上させたというものでした。

弊社とは状況が違うの今すぐトーコーキッチンのようなものを実践は難しいかもしれませんが、そういったアイディアなどは、いつもアンテナを張っておき自分の会社で役立てられればいいなと感じました。

やっぱりビジネスにとって柔軟な発想って重要なんですよね。
そんなセミナーの日でした。

 


 

友だち登録でお得な情報をGET!
山口企画設計のLINE@です。

友だち追加


 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全9ページ中)