ページトップへ

スタッフブログ

不動産にかかわる資格でインテリアコーディネータ―、カラーコーディネーターなどは何となく聞き覚えがあるかと思います。当社のコーディネーター課の女性はインテリアコーディネーター、福祉住環境コーディネーター2級、整理収納アドバイザー2級の資格をもっていて、お客様に暮らしのご提案をしております。

今回、取得された資格は「エクステリアコーディネータ―」。
これは、フエンスや門から玄関までのアプローチ、庭や建物演出をデザインするエクステリアのプロの資格です。
そこで今回、この資格を取得したコーディネータ―課の中西にわたくし山川がインタビューをしました。

山川

中西さん凄いですね~
エクステリアコーディネーターでしたっけ?
やっぱり資格だけあって取得も難しかったんじゃないですか?

中西

ありがとうございます。
さすがに試験ですからね~。
お客様の為になるように勉強しましたよ~(汗)

山川


さすが頑張り屋さん!なんか男前ですね(笑)

中西


そうなんです~よく言われます。(~_~;)

山川

男前でも住宅の事に関しては、やはり女性目線ですよね?
この資格を取った思いを聞きたいですね。

中西

ハイ。
では山川さん。私が取った今までの資格を見て何か気づきません?

山川

う~ん?
女性が多く取る資格?
いや違うな~。分かった!デザインの提案だ‼

中西

ぶぶ~‼
それもありますが~、私が取った資格は大きなくくりで言うと建物内部の事なんです。

山川


建物内部…??

中西

そう。
インテリアコーディネーターは壁紙やカーテン、家具の配置などで、福祉住環境コーディネーターは障碍者の方や介護が必要な方のリフォームの提案で、整理収納アドバイザーは読んで字のごとく片付けの仕方やキレイに整理できるよう提案できるようにする。
ようするに室内でどうやって快適に暮らしていけるかという事を伝えるんですね。

山川

お~!
言われると確かに。
それで今回は中から外に目を向けてみたって事ですかね?

中西

おっしゃる通り!
内部的な提案が…まだまだ修業が足らないんですけど、自信を持って提案ができるようになってきたので今度は外に目を向けてみようと思いました。

中西

どうしてもおうちの外って人目に触れるところですよね。
キレイにされた門扉とか玄関までのアプローチとか木々を見ているとそのおうちの中もセンスがいいだろうな~って思うんですよ。女性で言うと外側のお化粧をしてる感じ…ですかネ。

山川

そうだね。
確かにお庭がキレイだったらおうちの中もキレイなんだろうなって思うよね。

中西

ですよね。
家族が、「お家から出かける、帰る。」をするわけなので、帰った時とかに安心感を与えられるおうちの表情を創り出してあげたいと思うんです。
内部はもちろん外部も提案できれば間違いなく立派なおうちになりますよね 。

山川

さすがコーディネーター!
だからおうち丸ごとお客様にお話しできるってわけですね。
そういう方は自分の周りにはいませんでしたね~。それでは今後はどういう感じにしていきますか?

中西

ハイ。
今まではちょこっとエクステリアでご提案することはあったのですが、今後はバッチリ自信を持ってお話する事ができるようになりました。
これからは内部の事も含め外部の提案もドンドンしていきたいと思いますので、ご相談の際はよろしくお願いいたします。

山川

そうですね。
お客様が心地よく住んでいただくために努力していきましょう。
ありがとうございました。

 

エクステリアコーディネータ―

山川

そういえば、さっきお化粧するみたいって言ってましたけど、落としたらどうなっちゃうの?

中西


落としてもキレイなんですっっ!!!(怒)

【エクステリアコーディネーターとは】
フエンス、門、カーポート、門から玄関までのアプローチなど、家と庭と建物の外観の空間を演出・デザインするエクステリアの専門家です。エクステリアコーディネーター資格認定制度は、空間演出に必要な実践的で豊かな表現力を身に付けた人材の育成を目的としており、一定水準以上の知識と表現力を持っている人に、 一般社団法人日本ライフスタイル協会が認定し、エクステリアコーディネーター1級、2級の資格を与えるものです。

 ※日本ライフスタイル協会HPより

 


 

友だち登録でお得な情報をGET!
山口企画設計のLINE@です。

友だち追加


 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全12ページ中)